投稿

人気ブランド米の産地!山形県のお米づくりの歴史

投稿日:2020/04/10 18:00


四季の変化が鮮やかな山形県。冬の間に山に蓄えられた雪は、やがて湧き水となって水田を潤します。そして寒さの厳しい冬を超えると、国内でも最高気温を記録するほどの暑い夏が訪れます。1年間の温度差が激しく、豊饒な土地は稲作には都合が良く、古くからお米の名産地として知られています。


山形県産のお米のはじまり


山形県のお米づくりの歴史は、出羽の国が置かれた8世紀にまで遡ります。豊臣秀吉の時代には、庄内米が御用米に選ばれるほど名産地として繁栄していました。その後も庄内藩は、産米増殖を進めていき、献上米を保管するための倉庫が沢山建てられました。


廻米航路が開かれた酒田港は、大阪の堂島などと並ぶ米取引の中心地となり、大きく繁栄しました。そんな背景をもつ庄内地域では、農家の人々が切磋琢磨しながら米作りを受け継いでいます。そして、その中で生まれたのが亀の尾という品種です。明治26年に阿部亀治が創選し、神力、愛国とともに日本水稲優良三大品種に数えられました。


亀の尾は多くの品種改良の交配母体にされ、コシヒカリやあきたこまちなど、多くの品種に影響を及ぼしています。庄内から生まれた亀の尾は、現在の良食味米のルーツといえる存在となっています。


しかし、戦争が始まると、お米に対する需要が一変します。食料不足だった日本は、質よりも量が求められるようになりました。日の丸や大国早生などの少ない肥料で育つ品種が重宝されまるようになります。その後もしばらくは多収品種が優先されたため、ササシグレやハツニシキ、フジミノリなどが主力品種となりました。


昭和40年代に入り、山形県で作られる品種も大きく動くことになります。しかし、庄内地域と内陸地域では、同じ県とは思えないほど米作りの方向性に大きな違いがありました。その頃は、山形県の全農は、全農山形と全農庄内に分かれていました。平成20年に両者が一緒になるまで、それぞれが独自の動きをしていました。


山形県産のお米の今


平成2年から山形県の米関係者の中で注目を集めたのが、「ユメのコメ」という謳い文句でデビューさせたはえぬきです。それを皮切りに新潟県や秋田県に押され気味だった米作り運動が継続して展開されるようになりました。「量より質」を生産者が求めるようになったことによって、山形県はさらにつや姫をデビューさせました。はえぬきで培った生産対策と管理を武器に緻密なブランド戦略を展開し、徐々に生産量や認知度を上げています。


まとめ


古くからお米の名産地として知られる山形県。その歴史は深く長いものです。米作りに恵まれた環境とその土地の人々の情熱が沢山のブランド米を生み出してきました。自然がもたらす恵みをぜひ楽しみながら味わってみてはいかがでしょうか。


毎日の食事が変わる!おいしいお米の選び方

投稿日:2020/04/03 18:00


日本の食卓に欠かせないお米。毎日口にするものだからこそ、より美味しいものを選びたいところです。しかし、一言にお米といっても価格や量、粒の大きさなどその種類は様々です。では、お米を買う際何を見て選んだらいいのでしょうか。今回は、より美味しいお米の選び方をご紹介します。


お米のおいしさの決め手は「デンプンの量」


お米に含まれるデンプンには、アミロースとアミロペクチンの2種類があります。この2つのデンプンの比率でお米の美味しさが決まります。アミロースが多いお米は硬く、パサパサしています。反対にアミロペクチンが多いお米は、粘り気が強く歯ごたえがあります。


私達の食卓に並んでいるのは「うるち米」といい、2:8の割合でアミロースとアミロペクチンが含まれています。お餅やお赤飯などに使われる「もち米」はアミロースを含んでいません。この反対の特徴をもつ2つのデンプンのバランスが、お米の美味しさには大切になってくるのです。


おいしいお米選びのポイント


お米の美味しさはデンプンの量で決まるとお話しましたが、実際に食べてみるまで美味しさは分からないのでしょうか。ここでは、実際にお米を買う時に注目してほしいポイントをいくつかご紹介します。


① お米の鮮度

お米は常温で売られていることが多いため、あまり鮮度を意識していないかもしれません。しかし、お米は鮮度がとても大切です。お米の鮮度を確認する際に見てほしいのは、精米日です。籾や玄米の状態であれば、お米の鮮度はそこまで低下しません。ですが、精米するとその鮮度はどんどん落ちていってしまいます。時間とともにお米の美味しさは落ちていきますので、まとめて大量に買うのは避けましょう。


② ブランドごとの特徴

お米は沢山の種類のブランドはありますが、それぞれ個性があり、味も大きく変わります。例えば、日本で最も食べられているコシヒカリは粘りと硬さのバランスがとれており、噛めば噛むほどお米の旨味が広がります。あきたこまちは粘りが少なく、あっさりとした美味しさで炊き上げりのツヤが特徴です。このようにそれぞれ特徴があるので、知っておくと用途や好みに合わせて選ぶことができます。


③ お米の粒の大きさや色

美味しいお米は、粒の大きさが揃っていて透き通った透明感があります。欠けたお米が多く入っていたり、真っ白なお米が目立つ場合はグレードの低いお米である可能性が高いです。スーパーなどで購入する際には、袋の上からよく観察してみましょう。


まとめ


今回は美味しいお米の選び方についてご紹介しました。選び方次第で、お米はさらに美味しくなります。自分に合った美味しいお米を選んで、ぜひ毎日の食卓をより豊かなものにしてください。


山形県産「つや姫」と新潟県産「コシヒカリ」の違い

投稿日:2020/03/27 18:00


代表的なブランド米として知られる山形県産「つや姫」と新潟県産「コシヒカリ」。

知名度と品質ともに抜群のブランド米ですが、その美味しさや特長はそれぞれ異なります。そこで今回は、おいしいお米と判断される基準と両ブランド米にみる違いについてご紹介します。


美味しいお米の見つけ方

美味しいと評価されるお米の判断基準は2つです。それは、「味が優れていること」と「高い品質を誇ること」です。この2つの要素をもって、お米の美味しさが保証されているのです。味の基準は穀物検定協会が実施する食味ランキング、品質の基準は穀物検査による米の等級が指標となっています。


・お米の食味ランキング

昭和46年産のお米をはじまりとして、毎年全国規模の産地品種について実施されている食味官能試験です。複数産地のコシヒカリのブレンド米を基準として、対象となる産地の品種を比較して評価されます。「香り・味・外観・粘り・硬さ・総合評価」の6項目の優劣を評価してランク付けされます。ランキングは以下の通りです。


特Aランク・・・基準米よりも特に良好な食味

Aランク・・・基準米よりも良好な食味

A'ランク・・・基準米と概ね同等の食味

Bランク・・・基準米にやや劣る食味

B'ランク・・・基準米より劣る食味


特Aランクを獲得したお米はその味が確かなものとして認定されたことになり、おいしいお米の証となります。


・お米の等級

米穀検査とは、生産されたお米に関して、登録検査機関が品位や成分などの検査をすることです。この検査を通してお米の等級が決まり、その品質が評価されます。収穫後に玄米の状態で検査され、虫食いの有無や米粒の形状、水分量、透明感などが検査基準となります。


1等米、2等米、3等米、規格外でランク付けされ、1等米と評されると大粒で食べ応え抜群なお米である証となります。


つや姫とコシヒカリの違いとは?

山形県産のつや姫と新潟県産のコシヒカリは、味と品質ともに毎年高く評価されているブランド米です。ただし、それぞれのお米の味わいには違いがあります。


山形県産「つや姫」

つや姫は、コシヒカリを上回る味の評価を得ているお米です。甘みや旨みが抜群なのはもちろん、やわらかくてほどよい粘り気があるため味のバランスが良いお米として知られています。見た目の艶やかさの評価も高く、視覚でも楽しめる美しく美味しいお米として人気となっています。


新潟県産「コシヒカリ」

コシヒカリは、和食に合うお米として多くの地域で生産されるブランド米です。新潟県で生産されるコシヒカリは、とくにその味と品質が一級品です。ツヤと粘り気が強く、お米の甘みが強いのが特徴的で、おかずがなくてもご飯だけで美味しいお米として人気を博しています。


まとめ

美味しいお米として評されるためには、味はもちろん五感で楽しめるお米かどうかが基準となります。ブランド米によってその特長は異なり、食べ比べることでお米それぞれがもつ深い味わいを楽しむことができます。

ぜひ今回ご紹介した山形県産「つや姫」と新潟県産「コシヒカリ」の違いを堪能してみてはいかがでしょうか。



有機栽培発祥の地である山形県高畠町産の無農薬・無化学肥料栽培「つや姫」 蔵出し米.com にて販売中


おいしいお米を作り出す産地の特徴

投稿日:2020/03/20 18:00


私達の食卓を支える食材である、お米。

おいしいお米は食材のうまみを引き出し、食の楽しさを教えてくれます。

そんな魅力いっぱいのお米は、異なる環境・特色を持ったさまざまな土地で大切に育てられています。

今回は、おいしいお米を生産する産地とその特徴についてご紹介します。


お米の生産量が多い代表的な産地


お米の生産は、全国的に行われているものです。こちらでは、その中でもとくにその収穫量が多い代表的な産地、5道県をご紹介します。


1位 新潟県 611.700トン

日本の米どころとして真っ先に思い浮かぶのが、新潟県ではないでしょうか。収穫量はもちろん、その品質の良さも高い評価を得ています。代表的なブランドは、コシヒカリやこしいぶきなどです。


2位 北海道 581.800トン

北海道は、過去にお米の生産には向かない気候として米のまずい地域と言われることもありました。しかし、寒さに強い品種が開発されたことで、現在の収穫量は第2位にまで上昇しました。代表的なブランドは、ななつぼしやきらら397などです。


3位 秋田県 498.800トン

秋田県では、岩手県の県境にある奥羽山脈が稲の生育に最適な環境を作り出しています。冷害から稲を守り、フェーン現象による気温上昇でおいしいお米づくりをサポート。代表的なブランドは、あきたこまちやひとめぼれなどです。


4位 山形県 385.700トン

恵まれた気候風土によって実現された、高品質なお米が自慢の地域です。品種改良にも積極的に取り組み、2018年には雪若丸という新たな品種を世に送り出しました。代表的なブランドは、はぬきやつや姫などです。


5位 茨城県 357.500トン

関東一の米どころとして知られ、九慈川、小貝川、利根川などの豊かな水源が特徴です。長い歴史のある確かな米づくりのノウハウをもって、高い収穫量を誇っています。代表的なブランドは、コシヒカリやあきたこまちなどです。


<参考:農林水産省「平成29年産水陸稲の収穫量」より>


お米づくりにぴったりな土地の特徴


お米は、このように一定の場所ではなくさまざまな場所、土地で誕生しています。

お米作りで有名な場所に共通する特徴は、3つです。


①綺麗な水が豊富である

お米の栽培には、大量の水が必要となります。1年かけて作られるお米にとって、近くに大きな河川や近くの山々からの雪解け水などから得られる十分な水が欠かせません。田んぼに豊富な水が引ける環境は、お米づくりには重要な要素です。


②昼夜の寒暖差が大きい

稲は、夏の間にたくさんの太陽光を浴びて生長します。そのため、天気が良く日照時間が長い土地はお米栽培に欠かせない条件となります。また同時に、夜は気温がしっかり下がって、昼と夜の寒暖差が大きいほうがお米づくりに適しているといわれています。


③水はけの良い土壌

田んぼの水はけが良いことは、お米づくりに必要な条件です。水はけが悪いと古い水が土壌に残ってしまい、新鮮な水を根に供給することができません。おいしいお米づくりには、水はけの良い土壌でたくさんの新鮮な水を使用した栽培が不可欠です。


まとめ


おいしいお米づくりには、恵まれた気候風土が必要となります。自然がもたらすその恵みを最大限に活かして、さまざまな地域を代表的する品種が誕生したのです。

ぜひ、その土地が生み出すお米の味わいを食べ比べてみて下さい。



蔵出し米.com のお米は寒暖差が出る標高200~300mに位置し雪解け水が豊富な山形県高畠町で栽培されています。

有機栽培発祥の地でもある山形県高畠町のお米をお楽しみください。


お米の名産地「山形県」生まれのブランド米

投稿日:2020/03/13 18:00


米の名産地として有名な、山形県。

美味しいお米づくりに欠かせない豊かな水や土壌があり、最適な気候条件にあります。今回は、そんな山形県から誕生したブランド米についてご紹介します。


山形県産の代表的な2つのブランド米


山形県生まれの代表的な2種類のブランド米を紹介します。

「はえぬき」と「つや姫」です。


はえぬき

はえぬきは、平成4年にデビューしたお米です。日本穀物検定協会が認定する食味ランキングで、発売以来22年連続最高ランクの特Aランクを獲得するほどその味の良さに定評があります。特に優れているはえぬきの特長は、以下の2点です。


冷めても美味しい

炊飯後の経時劣化が少なく、冷めても炊きたてと変わらない安定した美味しさをキープします。はえぬきは品質のわりに安価に手に入るため、コンビニのおにぎりなどにもよく使われています。冷めても美味しくて安いお米として位置づけられているのです。


バランスの良い安定した品質

はえぬきは炊飯特性調査で、味、香り、外観、食感、粘りのどの項目でも高得点を獲得しています。年産ごとの品質にばらつきが少なく、安定した品質を維持。日本を代表する銘柄米の良さを引き継ぎ、全国トップクラスの美味しさを誇ります。


つや姫

つや姫は、平成22年にビューしたお米です。コシヒカリを凌ぐとも言われる美味しさを誇ります。開発に10年という長い月日をかけ、はえぬきに継ぐ良質で美味しい山形のブランド米として誕生しました。つや姫の最大の特長は、以下の2点です。


コシヒカリを上回るほどの食味

日本穀物検定協会が認定する食味ランキングで、発売以来特Aランクをとり続けるほど高い評価を得ています。味だけでなく炊き上がりの艶や甘さも人気の理由です。農業総合研究センターの食味官能試験では、コシヒカリを超える「甘み」「うまみ」「艶」があると評されるなど、美しくて美味しいお米として人気です。


コシヒカリを超える豊富な旨み成分

つや姫は、旨み成分であるグルタミン酸やアスパラギン酸の含有量が非常に多いです。これは、美味しいお米の代名詞であるコシヒカリよりも多く含まれます。お米本来の味のみならず、甘みや旨み、口当たりや粘り気に至るまでバランスのとれた味を作り出します。


昨年 本格デビューした「雪若丸」


2018年、山形県産の新ブランド米が誕生しました。そのブランド米は「雪若丸」といいます。

雪のような白さと艶のある見た目が特長で、つや姫の弟として本格的にデビューしました。

平成29年産米した雪若丸は、米の食味ランキングで最高の特Aランクを参考品種として受賞。見た目から味に至るまで、食味に関して高い評価を得ました。


雪若丸最大の特徴は、その食感です。従来の品種よりも適度な粘りとしっかりした硬さがあり、これまでにない新食感を楽しむことができます。つや姫に続く代表的なブランド米になることが期待されています。


まとめ


山形県は、豊かな立地と米の生産に適した気候で、次々と日本を代表するブランド米を世に送り出してきました。今年新たに誕生した雪若丸も、はえぬきやつや姫の良さを引き継ぎながらも独自の特長をもち、高く評価されています。ぜひこの機会に、山形県のブランド米の美味しさを味わってみて下さい。



蔵出し米.com にて山形ブランド米2種セット(つや姫・雪若丸)販売中