投稿

2020年の稲作はじまりました ~苗づくり~

投稿日:2020/05/15 18:00

新型コロナウィルスの影響で農業労働力にも若干影響が出ておりますが、今年も例年どおりに始動しました。


関東地方はもう田植えも終わっている頃と思いますが、山形の田植え時期は1ヶ月ほど遅く5月下旬頃に行います。

今は田植えに向けての準備作業を行っているところです。


田植えに向けてどんな準備作業をやっているのか、今回と次回のブログで少しお伝えしたいと思います。


3月下旬:育苗ハウスのビニール張り

4月初旬:塩水選・温湯種子消毒

4月中旬:育苗箱への種播き・育苗箱並べ

4月下旬:畔つけ・有機肥料播き・田うない

5月中旬:代掻き

5月下旬:田植え


3月下旬:育苗ハウスのビニール張り



山形県高畠町は豪雪地帯ではありませんが、12月~3月は結構雪が降り、例年1メートル近い積雪となります。ビニールハウスを張りっぱなしにしていると雪で潰されてしまうため、11月下旬にはビニールを外し、3月下旬の雪解け時期にまたビニールを張る作業が発生します。



4月初旬:塩水選・温湯種子消毒


育苗するにあたりまず良質な種を選別します。軽い種籾は胚乳が少なく栄養分が少ないため発芽率が悪かったり、発芽しても根の張りが悪かったりするので、塩水の中に種籾を浸けて浮かんできたものを取り除きます。


良質な種籾を選別したら品種ごとに色の違うメッシュ袋に種籾を入れ、60度のお湯に10分漬けて温湯消毒を行います。温湯消毒は、いもち病、籾枯細菌病、苗立枯細菌病などに効果があります。農薬を使って種子消毒する場合もありますが 蔵出し米.com (生産者:いのファーム 猪野国雄)では農薬を使用せず温湯消毒を行っています。



ちなみに今年の作付けは昨年の6品種に加えて「金のいぶき」(宮城県で生まれた玄米ブランド)を作付けします。昨年試しに少量作付けし食べてみたところ「玄米なのにとても食べやすい!」と好評でしたので今年から一般向けに数量限定販売を予定しています。また、昨年から作付けを開始した「雪若丸」(2018年にデビューした山形県の新品種)も「粒がしっかりしている!」「さっぱりしていてどの料理にも合う!」と「つや姫」とはまた違った評価で好評でしたので今年は昨年の3倍作付けを予定しています。


・有機JAS つや姫

・有機JAS こしひかり

・有機JAS 夢ごこち

・有機JAS ミルキークイーン

・特別栽培米 こしひかり(天日乾燥)

・特別栽培米 雪若丸

・特別栽培米 金のいぶき



4月中旬:育苗箱への土入れ種播き・育苗箱並べ



育苗箱に土を入れて種播きし、それを育苗ハウスに運んで並べます。水分も含んでいるので1箱あたり6kgほどで、これを3つのハウスに合計2,000箱並べます。田植え準備の中では一番の重労働となります。


例年は東京から4,5人この作業を手伝いに来てくれるのですが、今年は新型コロナウィルスの影響で山形に来ることができず我々だけで頑張っております。



今回のブログでは主に「苗づくり」に関する準備作業(前半)を紹介致しました。


次回のブログでは「田んぼ整備」に関する準備作業(後半)を紹介致します。



山形の郷土料理「うこぎごはん」の魅力とおすすめのお米を紹介

投稿日:2020/05/08 18:00


山形に伝わる郷土料理「うこぎごはん」。その具材や味付けなどはシンプルで素朴ですが「春を感じられるごはんを楽しみたい」という人に特におすすめできる料理です。

ここでは「うこぎごはん」についての詳しい説明や作り方の紹介や「うこぎごはん」に合うおすすめしたいお米や、そのおすすめの理由などの情報をお届けします。


春の香りのまぜご飯!山形の郷土料理「うこぎごはん」の魅力と作り方


うこぎごはんとは、山形に古くから伝わる郷土料理です。

うこぎは低木タイプの山菜で、トゲがあることから防犯に役立つという理由で昔から垣根などにも使われていました。うこぎは春先になると芽を出します。その、芽の香りは「春の香り」とも言われ、人々に親しまれてきました。

うこぎごはん、このうこぎの芽を使ったまぜご飯で、「春の香りを楽しめるまぜご飯」なのです。


うこぎごはんの作り方は家庭によって違いますが、もっともシンプルな作り方は「たっぷりのお湯でゆでたうこぎを水で締め、よく絞ってからみじん切りにし、塩と混ぜ合わせてなじませたものを白ご飯に混ぜる」というものです。


他にも好みに応じて、ご飯を炊く際に少量のお酒を入れる、うこぎだけでなくゴマやクルミを混ぜるといった作り方があります。いずれの作り方にも、まぜご飯の中でも具材がかなりシンプルで、ご飯の味を損なうことがありません。

つまり、うこぎごはんは、具材の味を楽しむというよりも具材の香りとご飯そのものの味を楽しむためのものです。


うこぎごはんにおすすめのお米は食味にすぐれた「つや姫」


うこぎごはんは具材の香りとご飯そのものの味を楽しむまぜご飯ですから「うこぎごはんに使うお米の質」はかなり重要なポイントです。だからこそ、食味にすぐれたお米を選ぶ必要があります。

数あるお米の中でも炊きあがりのツヤ感にすぐれており、やわらかい口当たりとほどよい甘みがある「つや姫」を使うのが特におすすめです。


つや姫は山形・宮城・島根などで栽培されていますが、最初につや姫を開発したのは山形県です。さらに、うこぎごはんが山形の郷土料理だからこそ、そのうこぎごはんに使うつや姫は、山形県産が一番のおすすめです。郷土料理を、郷土のお米で作りましょう。


多種多様な食べ物がある今だからこそ食べたいうこぎごはん


今の時代は多種多様な食べ物があるため、シンプルで素朴なまぜご飯を食べる機会というのは少なくなってきています。しかし、こうした時代だからこそ、うこぎごはんのシンプルさ・素朴さは逆に新鮮味があるでしょう。

機会があればぜひ、うこぎとつや姫を用意して、春の訪れを感じられるうこぎごはんを作って味わってみてください。



つや姫を使ったおすすめレシピ3選とつや姫にピッタリ合うおかず

投稿日:2020/05/01 18:00


つや姫は数あるお米の中でも食味に対する評価がきわめて高いお米です。特に山形県産のつや姫は、日本穀物検定協会が実施している「コメの食味ランキング」においてデビュー時の平成22年産からなんと9年連続で最高位評価の「特A」を獲得しているほどです。

ここでは、そんな注目のお米・つや姫を使ったおすすめレシピや、つや姫と特に相性のいいおかずをご紹介します。


つや姫の食味を存分に楽しめるレシピは白ご飯・塩おにぎり・お寿司


つや姫はお米そのものが非常においしいので、炊き込みごはんや炒飯・ピラフ・パエリアなど、つや姫の味そのものに大きく手を加えすぎるようなレシピはあまり向きません。


つや姫の絶品の食味を楽しめるおすすめレシピとしては、以下の3つが挙げられます。


1.白ご飯

2.塩おにぎり

3.お寿司


何よりおすすめなのは、炊きたてのつや姫の味がそのまま楽しめる白ご飯です。お米を洗う際に最初に使う水と、お米を浸す水に、東北産のミネラルウォーターを使うと水との相性も良くなるのでおすすめです。


また、つや姫は冷えてもおいしく食べられるお米ですので、お弁当などに使う際はシンプルな塩おにぎりが一番です。

また、「自宅で握り寿司を作る」「手巻き寿司パーティーをやる」という場合、つや姫で最高のシャリを作るというのもおすすめです。

ただし、シャリはやわらかすぎると寿司がべたついた感触になってしまうので、「あえて新米を使うのを避ける」「水の量を通常のご飯よりも控えめにして炊く」ということを心がけましょう。炊きあがりは「少し硬めだけれど芯は残っていない」という状態が理想的です。


これら3つのおすすめレシピの他に、もうひとつおすすめしたいのは「まぜご飯」です。ただし、あくまで混ぜるのは塩・ごま・山菜などのシンプルなものがおすすめです。肉そぼろなど味の強すぎる具材を使うのはおすすめできません。


つや姫にはシンプルな和食系のおかずがピッタリ


つや姫はお米そのものの味を楽しめるからこそ、おかずもシンプルな和食系のものがおすすめです。

野菜たっぷりのみそ汁や味付けを少し控えめにした煮物、焼き魚、冷奴、漬物などが特におすすめのおかずとして挙げられます。


おかずの味付けが濃い場合などは、おかずを口にした後にお茶をごく軽く口に含んで味をリセットしてからつや姫を口にする、という形で食べ進めていくといいでしょう。


「つや姫を味わうことをメインに考えた食事」でおいしさを実感しよう


つや姫は食味が非常にすぐれたお米なので、その味をしっかりと楽しみたいなら白ご飯の状態で食べるなど、つや姫を味わうことをメインに考えた食事にすることがおすすめです。

濃い味のおかずを食べる場合はお茶で軽く味をリセットするなどの工夫をしてから、つや姫の味わいを楽しみましょう。



大人気な山形県産のお米3種「つや姫」「雪若丸」「はえぬき」をご紹介

投稿日:2020/04/24 18:00


山形県のお米は近年注目を集めています。

人気のブランド米が多く誕生している県でもあり、確固たる人気を築いているお米、最近登場して話題になったお米など様々。

今回はとくに人気の3つのブランド米、「つや姫」「雪若丸」「はえぬき」をご紹介いたします。

それぞれの違いをチェックして、どんなお米が好きか、どんなお米を食べたいかを考えて選んでみましょう!


山形のお米3種「つや姫」「雪若丸」「はえぬき」をご紹介


山形県が生んだブランド米の中から、おすすめのものを3種類ご紹介いたします。


①お米本来のおいしさと炊き上がりの美しさが魅力の「つや姫」

つや姫は高級料亭でも取り入れられている人気のブランド米です。

一般家庭でも広く浸透しており、甘味、うまみ、口当たり、粘り気など、お米本来のおいしさを堪能できるのが特徴です。

炊き上がりの美しさ、見た目にも定評があり、おいしさだけでなく美しい見た目も楽しめると近年話題になっています。

白ご飯だけの味をしっかり楽しむことができるので、そのまま食べても、日本食などの薄味の料理とも相性抜群です。


②つや姫の弟分で硬めの炊きあがりの「雪若丸」

つや姫の弟分として登場したのが雪若丸です。

つや姫と同じく粘り気、うまみ、甘味が強いのが特徴ですが、つや姫よりも硬く、食感を楽しむことができます。

つや姫よりやや低価格で購入できるということもあり、一般家庭でもよく親しまれているようです。

硬めの炊き上がりなので、炊き込みご飯などの料理とのバランスもいいと言われています。


③冷めてもおいしくお手頃価格の「はえぬき」

つや姫と比較すると知名度は落ちますが、はえぬきもおいしいお米です。

はえぬきは冷めてもおいしいのが特徴で、コンビニのおにぎりに採用されているほど。

知名度は低いもののつや姫や雪若丸よりも低価格で購入することができ、家計の強い味方になってくれるというのも嬉しいポイントとなっています。


山形のお米ならバランスよくおいしさを堪能できる「つや姫」がおすすめ


山形県で人気のブランド米の中でも、とくにおすすめなのが「つや姫」です。

「つや姫」は甘味やうまみを感じる成分がコシヒカリよりも多いと言われており、バランスよくお米のおいしさを堪能することができます。

お米本来のおいしさをもっと楽しみたいという方には、非常におすすめですよ。


また、精米と玄米を選ぶことができるのも「つや姫」の特徴のひとつ。

より豊富な栄養素を取り入れたいという方は、ぜひ「つや姫」の玄米を選んでみてください。


山形県のお米の特徴を把握して選んでみよう!


山形県産のお米を3つご紹介いたしました。それぞれにこだわりが詰まっており、どれもおいしいお米ばかり。

中でもつや姫はうまみ、甘味が強く、バランスのいいお米となっています。

その他二つのお米の特徴も把握し、食べ比べて、自分に合いそうなお米を選んでみましょう。


ブランド米「つや姫」には栄養豊富な玄米も!特徴とおいしい食べ方を解説

投稿日:2020/04/17 18:00


ブランド米には様々な種類がありますが、その中でも特においしいと人気なのが「つや姫」です。

今回は「つや姫」はどんなお米なのか、どんな食べ方が人気なのか、また、精米と玄米の違いについてご紹介いたします。

日本食に合うおいしいお米を食べたい、栄養素が豊富なお米を食べたいという方は、ぜひ「つや姫」をチェックしてみてください。


甘み・うまみが強い山形のブランド米「つや姫」は精米と玄米が選べる


「つや姫」は、山形県が10年もの歳月をかけて開発したお米のブランド名です。

「つや姫」は甘味、うまみがあり、口当たりや粘り気などのバランスがいいのが特徴です。

グルタミン酸、アスパラギン酸がコシヒカリよりも多く含まれており、非常にうまみを感じやすいと言われています。[注1]


甘味、粘り気があるのでそのまま食べるのが一番おいしい食べ方です。あっさりとした日本食との相性もよく、様々な食事に合わせることができます。

反対にチャーハンや炊き込みご飯、パエリアなど、お米そのものに味をつけてしまうような食べ方には不向きと言えます。


「つや姫」は精米と玄米を選ぶことができ、そのままおいしく食べたい方には精米が、より豊富な栄養素を取り入れたいという方には玄米がおすすめとなっています。

玄米には精米と比較してどんな特徴があるのか、下記でご紹介いたします。


[注1]東北大学:新規食味評価手法を用いた水稲品種「つや姫」の遺伝解析

https://tohoku.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=126200&item_no=1&page_id=33&block_id=38


玄米の特徴は栄養豊富なことと炊き方にコツが必要なこと


玄米とは、籾米から籾殻を取り除いただけの状態のお米のことです。

この玄米からさらにぬか、胚芽を取り除いて胚乳のみにした状態のお米が白米となります。玄米の特徴を2つご紹介します。


① 精米と比較して食物繊維などの栄養素が豊富

玄米は、精米と比較して栄養素が非常に豊富に残っています。

もっとも大きな違いは食物繊維の含有量です。

玄米は精米と比較して食物繊維が8倍近くにもなると言われています。

消化に時間がかかり、満腹感も長時間続くので、ダイエットや健康管理などに気をつけたい方には玄米がおすすめです。

他にも玄米にはビタミンE、ビタミンB1、カルシウムなど、人間が生きていく上で必要な栄養素がたっぷりと含まれています。


② おいしく食べるために玄米独自の炊き方をする必要がある

玄米はおいしくないというイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

たしかに一般的なお米の炊き方をすれば、食べやすさの点では精米を選ぶ人が多いでしょう。しかし、玄米と精米の炊き方はまったく違います。

水に浸す時間を長めに取り(6時間以上)、玄米に合った炊き方をすれば、玄米でもふっくらとした甘味、うまみの強い「つや姫」を楽しめますよ。


農家のこだわりが詰まった「つや姫」を食べてみよう


山形県で誕生したブランド米、「つや姫」についてご紹介いたしました。

栄養価が高い玄米も選ぶことができる「つや姫」で、毎日の食卓をよりおいしく、健康的に彩ってみてはいかがでしょうか。