おいしいお米を作り出す産地の特徴

投稿日:2020/03/20 18:00


私達の食卓を支える食材である、お米。

おいしいお米は食材のうまみを引き出し、食の楽しさを教えてくれます。

そんな魅力いっぱいのお米は、異なる環境・特色を持ったさまざまな土地で大切に育てられています。

今回は、おいしいお米を生産する産地とその特徴についてご紹介します。


お米の生産量が多い代表的な産地


お米の生産は、全国的に行われているものです。こちらでは、その中でもとくにその収穫量が多い代表的な産地、5道県をご紹介します。


1位 新潟県 611.700トン

日本の米どころとして真っ先に思い浮かぶのが、新潟県ではないでしょうか。収穫量はもちろん、その品質の良さも高い評価を得ています。代表的なブランドは、コシヒカリやこしいぶきなどです。


2位 北海道 581.800トン

北海道は、過去にお米の生産には向かない気候として米のまずい地域と言われることもありました。しかし、寒さに強い品種が開発されたことで、現在の収穫量は第2位にまで上昇しました。代表的なブランドは、ななつぼしやきらら397などです。


3位 秋田県 498.800トン

秋田県では、岩手県の県境にある奥羽山脈が稲の生育に最適な環境を作り出しています。冷害から稲を守り、フェーン現象による気温上昇でおいしいお米づくりをサポート。代表的なブランドは、あきたこまちやひとめぼれなどです。


4位 山形県 385.700トン

恵まれた気候風土によって実現された、高品質なお米が自慢の地域です。品種改良にも積極的に取り組み、2018年には雪若丸という新たな品種を世に送り出しました。代表的なブランドは、はぬきやつや姫などです。


5位 茨城県 357.500トン

関東一の米どころとして知られ、九慈川、小貝川、利根川などの豊かな水源が特徴です。長い歴史のある確かな米づくりのノウハウをもって、高い収穫量を誇っています。代表的なブランドは、コシヒカリやあきたこまちなどです。


<参考:農林水産省「平成29年産水陸稲の収穫量」より>


お米づくりにぴったりな土地の特徴


お米は、このように一定の場所ではなくさまざまな場所、土地で誕生しています。

お米作りで有名な場所に共通する特徴は、3つです。


①綺麗な水が豊富である

お米の栽培には、大量の水が必要となります。1年かけて作られるお米にとって、近くに大きな河川や近くの山々からの雪解け水などから得られる十分な水が欠かせません。田んぼに豊富な水が引ける環境は、お米づくりには重要な要素です。


②昼夜の寒暖差が大きい

稲は、夏の間にたくさんの太陽光を浴びて生長します。そのため、天気が良く日照時間が長い土地はお米栽培に欠かせない条件となります。また同時に、夜は気温がしっかり下がって、昼と夜の寒暖差が大きいほうがお米づくりに適しているといわれています。


③水はけの良い土壌

田んぼの水はけが良いことは、お米づくりに必要な条件です。水はけが悪いと古い水が土壌に残ってしまい、新鮮な水を根に供給することができません。おいしいお米づくりには、水はけの良い土壌でたくさんの新鮮な水を使用した栽培が不可欠です。


まとめ


おいしいお米づくりには、恵まれた気候風土が必要となります。自然がもたらすその恵みを最大限に活かして、さまざまな地域を代表的する品種が誕生したのです。

ぜひ、その土地が生み出すお米の味わいを食べ比べてみて下さい。



蔵出し米.com のお米は寒暖差が出る標高200~300mに位置し雪解け水が豊富な山形県高畠町で栽培されています。

有機栽培発祥の地でもある山形県高畠町のお米をお楽しみください。