おいしいお米の炊き方2つのコツ&山形県の人気ブランド米4選

投稿日:2020/12/11 18:00

おいしいお米の炊き方には2つのコツがあります。もちろんブランド米を使用するだけでも、ノーブランドのお米よりおいしく仕上がるかもしれません。しかし、コツをつかんだ炊き方をすることで、さらにお米が美味しくなります。


日本人にとってお米は大事な活力源。おいしいお米を食べて幸せな気分になるために、今日からコツを取り入れて、ふっくらと甘味のあるご飯を炊きましょう。


おいしいお米の炊き方2つのコツ

 

まずはおいしいお米の炊き方を2つご紹介します。

 

1.お米は最低でも1時間は水に浸す


お米を洗ったら、炊飯器をセットしてすぐに炊き始めるという方も多いようですが、水分がお米の中心部まで浸透するのには3時間かかると言われています。


つまり洗ってすぐに炊いてしまうと、水分を十分に吸収できないまま炊き上がってしまうのです。最低でも1時間、出来れば3時間ほど浸水させてから炊きましょう。


2.炊き上がったらすぐにほぐす!


ご飯は、炊き上がった時のほぐしが味に関係してきます。シャリ切りができていないと、時間が経つほどにご飯は潰れ、ふっくら感が失われてしまうのです。


また、蒸気によって余分な水分を含むことでベチャッとした仕上がりになってしまいます。炊き上がったらしゃもじを垂直に入れて十字に切り、米の隙間に空気を入れるイメージで、釜底から柔らかくかき混ぜてください。


山形県産のおいしいブランド米4選


山形県産のおいしいブランド米4選をご紹介します。先ほどご紹介したコツも実践して、その美味しさを十分に引き出しましょう。


1.炊きあがりがつややかで冷めてもおいしい「つや姫」


10年もの歳月をかけて開発されたつや姫は、大きく白い粒が揃っていて、炊き上がりがつややかになるのが特徴。コシヒカリを超えたブランド米とも言われています。冷めても旨みがあるのでお弁当にも最適ですし、主張しすぎないお米の甘味を感じられるためどんな料理にも好相性です。


2.強い粘りとしっかりとした甘みがある「コシヒカリ」


ブランド米の中でもトップクラスの知名度を誇るコシヒカリは、他のお米では物足りなさを感じるほど強い粘りと米の甘味がしっかり感じられるのが特徴です。香りや炊き上がりの艶、旨みや粘りなどのバランスに優れているのも、コシヒカリの特徴と言えます。炊き上がりは柔らかめなので、水分量をしっかり守って炊きましょう。


3.強い粘りともちもち食感!希少価値が高い「夢ごこち」


究極のお米として知られる夢ごこちは、全国的にも生産量が少なく、希少価値が高いお米です。強い粘りともちもち食感がありながら、ふっくらとした柔らかい炊き上がりが特徴で、独特の甘味は一度食べたら他のお米は食べられなくなるほどの魅力を持っています。米農家の間では、コシヒカリを超えたブランド米とも言われる実力米です。


4.弾力・噛みごたえがある「ミルキークイーン」


コシヒカリの突然変異によって生まれたミルキークイーンは、アミロース濃度が低いので、普通のお米よりも弾力があるのが特徴です。一粒がしっかりしているので噛みごたえがあり、もち米に似たもちもちの食感を持っていることから、他のお米に混ぜて使われることも多い品種です。

 

おいしいご飯で食卓を豊かに!

 

おいしいお米の実力を引き出すには、炊飯器のスペックも重要です。

しかし、炊く前の準備が不足していたり、炊き上がった後のほぐしをおざなりにしたりすると、おいしいお米がもつ本来の旨みを引き出すことはできません。

おいしいお米で毎日の食事を豊かにするためにも、炊き方のコツをしっかりつかみ、お米の美味しさを味わいましょう!