ランキングで見る!おいしいお米の選び方

投稿日:2020/02/07 18:00


国内では毎年、一般財団法人日本穀物検定協会によって「米の食味ランキング」が発表されています。基準米と試験対象米を比較して5段階評価でランク付けしたもので、おいしいお米選びの際に最も参考になるランキングといえます。

またランキングを参考にしつつ、各家庭の食生活や個人の好みなどライフスタイルに合ったお米を選ぶことも大切です。ここでは、おいしいお米の選び方について詳しく解説しています。


米にはランキングがある!まずは毎年発表の「米の食味ランキング」を確認


日本では毎年、一般財団法人日本穀物検定協会によって「米の食味ランキング」が発表されています。これは、良質な米づくりと米の消費拡大を目指して行われており、専門の食味評価エキスパートが基準米である複数産地のコシヒカリブレンド米と試験対象の米を比較し、ランク付けをして発表しています。


ランクは5段階に分かれ、基準米とおおむね同等の米を「A’」、基準米より特に良好な米を「特A」、良好な米を「A」、やや劣る米を「B」、劣る米を「B’」として評価しています。どの品種のお米が人気なのか、美味しいのか分からない…という方は、まずは最高ランクである「特A」を得ているお米から選ぶことをおすすめします。


家族構成・食生活・好みなどライフスタイルに合わせたお米選びも大切


さらに、家族構成や食生活、個人の好みなど、それぞれのライフスタイルによっても「おいしいお米」の基準は異なります。


例えば、一人暮らしや働き盛りで手のこった料理をするのが厳しい…という方は、甘みと旨味が強くお米そのものの美味しさが楽しめ、簡単なおかずやシンプルなおにぎりにもぴったりな「つや姫」、「さがびより」、「飯山コシヒカリ」がおすすめです。


小食だけれど、ごはんはしっかりと食べたいという方は、食感にインパクトがあり、栄養価も高く少量でも味わい深い「コシヒカリ」や「ゆめぴりか」であれば満足できます。


育ちざかりの子どもや家族がいる、朝夕しっかりとお米を食べたいという方は、程よい歯ごたえと甘みがどの年代の方にも食べやすく、お子様に人気のハンバーグやからあげといったお肉料理や洋食にもピッタリな「あきたこまち」、「ひとめぼれ」、「ふっくりんこ」を選んでみましょう。


朝食を重視している方や朝食は和食派!という方は、粘り気が控えめで朝でも食べやすく、和食のおかずによくあう「ななつぼし」、「ササニシキ」、「さがびより」が特におすすめです。


ランキングを参考にそれぞれのライフスタイルにあったおいしいお米選びを!


このように、品種によってさまざまな特徴がある日本のお米。実際に食べてみないと、自分が思う「おいしいお米」に出会うことはできません。今回ご紹介した米の食味ランキングも参考にしながら、ぜひさまざまなお米を食べ比べて、自身のライフスタイルや好みにあったおいしいお米を選んでくださいね。



蔵出し米.com では10年連続「特A」評価の山形県産「つや姫」 をはじめ、一昨年デビューした山形県の新品種「雪若丸」も販売しております。