山形県産のお米においしい品種が多い理由は肥沃な土壌と最適な品種改良

投稿日:2020/02/28 18:00


山形県にはおいしいといわれるお米の品種がたくさんあります。

ではなぜ山形県にはおいしいお米の品種が多いのでしょうか?

今回は山形県産のお米のおいしさに関してご紹介していきます。


山形が誇る肥沃な土地・清涼な水が米づくりにぴったり


山形県は古く江戸時代から、多くのコメどころを抱えた県でもありました。

山形が誇る肥沃な大地に清涼な水。そして四季における寒暖差が米作りにピッタリな土地なのです。


古くからおいしいお米といえば新潟というイメージがありますよね。しかし、もともと新潟はお米作りに適した地とはいえませんでした。品種改良によって登場したコシヒカリが、労をいとわない新潟県民の気質に合致したことでコメどころといわれるようになったのです。


そんな中、現在では山形県産のお米がおいしいと人気に。

品種改良によって生まれた美味しいお米が山形県の土壌にピッタリ合ったことが原因にあげられます。


土壌にあったおいしい品種を作り出す情熱


山形県にはおいしいといわれるブランド米がたくさんあります。

代表的なのが以下の3品種。


・1992年に生まれ、米の食味ランキングで「特A(最高ランク)」を18年連続で受賞した[注1]山形県のブランド米「はえぬき」


・今年10周年を迎えた冷めてもおいしいお米として昨今非常に高い人気を誇っている「つや姫」


・2018年にデビューしたばかりの粒立ちしっかり新食感の「雪若丸」


特にはえぬきは10年かけて研究・育成された、山形県以外ではほとんど作られていない品種です。


米作りに長年従事してきたからこそ培われたノウハウ、そしておいしい品種を作り出す情熱があるからこそ、山形県産のお米は美味しいといえるのでしょう。


[注1]全国農業共同組合連合会 山形県本部:特A受賞の山形県産米4銘柄

http://www.zennoh-yamagata.or.jp/rice/2012/sort.html


美味しい山形県産のお米を食べよう


今回は数あるお米の中でも「山形県産」のお米に関してスポットを当ててみました。毎日食べる主食であるからこそ、おいしいお米を食べたいと思うものですよね。


古くから人気があるのは新潟県産コシヒカリが挙げられますが、日本には他にもたくさんのおいしいお米があります。


山形県産のお米がもともと大好き!という方はもちろん、おいしいお米を探していたけれど山形県産は気が付かなかったなんて方は、これを機に試してみてはいかがでしょうか。