美味しいお米に育っています

投稿日:2020/08/04 18:00

5月下旬の田植えから約2ヶ月、例年より1週間ほど遅れて山形も梅雨が明けました!

今年は長雨の影響で例年よりも日照不足で生育が心配でしたがこれで一安心。

雨は多かったので水不足の心配はなく、これから夏らしく晴れて暑くなってくれたら、いいお米が収穫できるかと思います。


田んぼの中での追肥作業


出穂後に稲は葉で光合成をしてブドウ糖を作り、穂に溜め込みます。

梅雨明けのタイミングがちょうど出穂直前となったので、これから出穂期から登熟期まで晴天が多くなると、光合成量が増えて美味しいお米ができます。晴れて暑いと農作業は大変ですが、美味しいお米の収穫には夏の暑さは大切です。



出穂後に2週間くらいで稲の花が開花しはじめます。

次回は稲の花が咲いたところを撮影して紹介します。


蔵出し米.com での令和2年産の新米販売は9月中旬より予約受付、10月20日頃より出荷を予定しています。


・有機JAS つや姫      10月中旬頃

・有機JAS こしひかり    10月下旬頃

・有機JAS 夢ごこち     10月下旬頃

・有機JAS ミルキークイーン 11月初旬頃

・特別栽培米 雪若丸     10月下旬頃

・特別栽培米 金のいぶき   11月中旬頃

・特別栽培米 こしひかり(天日乾燥) 11月中旬頃