投稿

精米と玄米はどう違う?3つの違いを徹底解説

投稿日:2021/01/29 18:00

玄米を精白すると、多くの方が食べている白米(精米)に変わります。

玄米は栄養豊富で健康的というイメージがあるものの、実際に精米との違いについてはよく分からないという方もいることでしょう。


今回は、そんな方に向けて精米と玄米の違いを3つに分けて紹介していきます。


1. 玄米のほうが精米よりも栄養価が高く腹持ちもよい


玄米と精米の違いの1つ目は栄養素量です。玄米には繊維状のふすま部分があり、胚芽部分にマグネシウムやビタミン・食物繊維・鉄などの栄養素が詰まっています。一方、その栄養価の高い胚芽やふすま部分を取り除いたものが精米です。このことから、栄養価は圧倒的に玄米の方が高いといえます。


玄米は食物繊維などの副栄養素が多いことから、腹持ちがよいというメリットもあります。特にダイエット中の方や食事制限中の方には、栄養素も補えて空腹感も抑えることができる一石二鳥のアイテムです。


2. 柔らかさ・食べやすさでは精米に軍配が上がる


栄養価に関しては玄米の方が上ですが、それでもなぜ精米の方が主流なのかというと、精米したお米は炊くと柔らかく食べやすくなるからです。


普通に炊いた玄米ご飯は白米より硬くなっているため、よく噛まないといけません。咀嚼を促すという点ではメリットですが、面倒だと感じてすぐに飲み込み、消化を悪くする可能性もあります。


3. 炊飯の時間は精米が圧倒的に早い


精米された米であれば、洗ってから30分程浸水させて炊飯すれば、ふっくらと美味しいご飯が炊き上がります。一方玄米の場合、原則24時間前後は水に浸しておかなければなりません。


また、炊飯器とお鍋、どちらで炊いたとしても、玄米のほうが炊き上がりまでの時間が余分にかかってしまいます。共働きが増えている中で炊飯に時間がかかるというのは、面倒に感じる方も多いようです。


ただし、現在では玄米モードがついている炊飯器などもあります。タイマー・玄米モード付き炊飯器ならば、手間が大きく増えることなく、玄米を取り入れられるでしょう。


山形のブランド米「つや姫」なら玄米・精米両方選べる!


精米と玄米の違いについて紹介してきましたが、結局どちらがいいのかわからないという方には、山形のブランド米「つや姫」をおすすめします。

つや姫は、平成24年高畠町食味コンクールで最優秀賞を受賞、第19回米・食味分析鑑定コンクール総合部門で金賞を受賞しており、その味は折り紙付きのブランド米です。


精米と玄米の両方を食べ比べることも可能ですので、ぜひ白米の美味しさ、玄米の美味しさを堪能してみてくださいね。



お米の正しい洗い方4つのポイントと3つの注意点をご紹介

投稿日:2021/01/15 18:00

お米を洗うときに、何も考えずになんとなく洗ってしまうと、美味しいお米の味が損なわれてしまうことがあります。

この記事では、正しいお米を洗う際のポイントと注意点をご紹介します。


お米を洗う際の4つのポイント


お米を洗うときのポイントは、以下の4点です。


1.お米洗いはできるだけ手早く行う

軽量したお米をボールに入れたら、水を流し入れて奥底から2〜3回かき混ぜてすぐに水を捨ててください。


ポイントは、この作業をできるだけ手早く行うことです。最初の洗いをのんびり行っていると、水とともに落ちた汚れなどが再びお米に吸収されてしまい、取り除くことができなくなってしまうからです。


また、蛇口から水を入れると溜まるまでに時間がかかってしまい、汚れた水を吸収してしまいます。あらかじめ容器に十分な水を入れておいたり、水を先に張っておいて素早くお米を入れたりするのがおすすめです。


2.指を立てて力を入れずに研ぐ

容器の中の水がほとんど切れた状態でお米を研いでいきます。指を立てた状態で「シャカシャカ」と音がするぐらいかき混ぜるように洗いましょう。


水が入っていると米同士の摩擦が発生せずに汚れが落ちないことが多くあります。ポイントは、新米はやさしめに、古米の場合はしっかりと研ぐことです。


3.汚れたとぎ汁をすすいで落とす

濁ったとぎ汁は容器の底の方に溜まっていることが多いので、底の方から軽くかき混ぜてから捨てるようにしてください。その後に、再び水を入れて軽くかき混ぜて水を捨てます。これを2〜3回行えば、お米の汚れを落とすことができます。


水が透明になるまで洗ってしまうと、お米の美味しさまで流されてしまいます。水が「薄い乳白色」に濁るぐらいにしておきましょう。


4.お米に最初に入れる水を浄水やミネラルウォーターにする

乾燥した状態のお米は最初の水を一気に吸収してしまいます。そのときに水の香りや味も一緒に吸収してしまうので、カルキ臭や生臭さなどがあると、ご飯の風味が損なわれてしまう可能性があります。


そのため、最初の水は塩素や不純物が取り除かれている「浄水」や「ミネラルウォーター」がおすすめです。お米本来の香りや味わいを損ねることが少なくなります。


お米を洗う際の3つの注意点

お米の正しい洗い方を4つに分けて紹介してきました。次は注意点について見ていきましょう。


1.力を入れすぎない

手のひらで力を入れて研いでしまうとお米が割れてしまい、味が損なわれてしまう可能性があります。ただし、古米は表面部分が劣化しているので、多少力をいれてしっかりと研ぐほうが良いでしょう。


2.お湯で洗うのは厳禁

寒い冬にお米を研ぐのが辛く、お湯で洗っている方がいるかもしれませんが、やめておいた方が良いでしょう。お湯をお米に浸すと表面の温度が上がり、吸収力が高まります。ぬかのくさみまで吸ってしまい、本来の味が損なわれてしまう可能性があります。また、中途半端に温めて炊飯器で炊くと加熱のムラができやすく、ごはん粒の表面がぬめってしまうこともあります。


冬場の米洗いが辛いのであれば、「米とぎ棒」の使用がおすすめです。冷たい水に触れることなく、手荒れを気にする必要もありません。


正しいお米の研ぎ方をマスターして美味しくご飯を食べましょう

普段何気なく行っている米研ぎを正しい方法で行うだけで、お米本来の美味しさがぐっと引き立ちます。

今まで適当にやっていたという方は、ぜひ正しい方法を取り入れて美味しいご飯を味わってみてくださ



真珠のようなつやと美味しさはまさに姫の風格!山形のブランド米「つや姫」の名前の由来とは

投稿日:2020/12/25 18:00

2010年に山形のブランド米としてデビューしたつや姫は、夢の米プロジェクトの一環として開発されたお米です。発売当初は、種子制限があったため生産量も少なかったので評価にいたりませんでした。しかし、1年ごとに味や食感などへの評価が高まっていき、今ではコシヒカリを凌ぐブランド米としての地位を確立しています。


ここでは、山形の大地で育まれたつや姫の名前の由来や歴史、そして魅力をご紹介します。


真珠のようなつやと美味しさ・姫のように大切に育てられたことで名付けられた「つや姫」


つや姫は、炊き上がりが真珠のように艶やかなこと、そして、お姫さまのように大事に育てられ、美味しいお米に必要な条件すべてのバランスが優れていることから、その名が付けられました。


山形県立農業試験場庄内支場で育てられ、今や全国的に高い人気米のつや姫。そのつやと旨み、甘みから、美味しさのランク付けでも最上級である特Aを維持し続けています。

まさに「姫」という名前がぴったりですね。


開発10年・山形が誇る良食味米「亀の尾」を引き継いだつや姫


開発におよそ10年を費やしたつや姫の交配親は、山形県庄内町で明治時代に作られていた亀の尾という水稲品種です。有名ブランド米、「コシヒカリ」や「はえぬき」の交配親でもあります。


全国的な人気を誇るコシヒカリに代わる、新たな山形米を作ろうというプロジェクトの元に、平成10年から研究開発が始まりました。


つや姫の原稲は、少しでも早く完成させるために、冬季もハウス内で栽培されました。毎日観察が続けられ、病気のチェックや試食を繰り返しながら、亀の尾の良食味性を引き出すことに成功。


そして、新品種のつや姫として平成21年に発売が始まったのです。


つや姫が全国で人気な理由は通販可能で期待を裏切らない美味しさだから!


多くの人に愛されているお米、つや姫。その人気の主な理由は、次の2つです。


・通信販売で手軽に購入出来る

地方の名産品というと、一昔前はその土地まで行って購入するか、販売されているお店が限定されていました。

しかし、現在では多く名産品が通信販売での購入が可能になり、つや姫もそのひとつです。


お米は鮮度が重要。精米したてのつや姫が手軽に購入できるようになったことは、つや姫の人気を全国区に押し上げた理由のひとつといっていいでしょう。


・期待を裏切らない美味しさ

通販商品は届くまでにその商品への期待が高まりますが、思っていたほど美味しくなかった、取り寄せる必要がなかった、という感想を持たれる商品も少なくありません。


その点、つや姫はコシヒカリを上回る旨みやつや、甘味、粒ぞろいなどが評価されています。期待を裏切らない、またはそれ以上の美味しさがつや姫の人気を確立しているのです。


山形の宝・つや姫をぜひ味わってみましょう!


ブランド米競争が激化する中、その人気が揺らぐことがないつや姫は、日本米の頂点を極めたお米と言えるでしょう。


お米をご馳走の地位まで押し上げたつや姫は、お米好きの方はもちろん日本人なら一度は味わっておきたい山形の宝です。



おいしいお米の炊き方2つのコツ&山形県の人気ブランド米4選

投稿日:2020/12/11 18:00

おいしいお米の炊き方には2つのコツがあります。もちろんブランド米を使用するだけでも、ノーブランドのお米よりおいしく仕上がるかもしれません。しかし、コツをつかんだ炊き方をすることで、さらにお米が美味しくなります。


日本人にとってお米は大事な活力源。おいしいお米を食べて幸せな気分になるために、今日からコツを取り入れて、ふっくらと甘味のあるご飯を炊きましょう。


おいしいお米の炊き方2つのコツ

 

まずはおいしいお米の炊き方を2つご紹介します。

 

1.お米は最低でも1時間は水に浸す


お米を洗ったら、炊飯器をセットしてすぐに炊き始めるという方も多いようですが、水分がお米の中心部まで浸透するのには3時間かかると言われています。


つまり洗ってすぐに炊いてしまうと、水分を十分に吸収できないまま炊き上がってしまうのです。最低でも1時間、出来れば3時間ほど浸水させてから炊きましょう。


2.炊き上がったらすぐにほぐす!


ご飯は、炊き上がった時のほぐしが味に関係してきます。シャリ切りができていないと、時間が経つほどにご飯は潰れ、ふっくら感が失われてしまうのです。


また、蒸気によって余分な水分を含むことでベチャッとした仕上がりになってしまいます。炊き上がったらしゃもじを垂直に入れて十字に切り、米の隙間に空気を入れるイメージで、釜底から柔らかくかき混ぜてください。


山形県産のおいしいブランド米4選


山形県産のおいしいブランド米4選をご紹介します。先ほどご紹介したコツも実践して、その美味しさを十分に引き出しましょう。


1.炊きあがりがつややかで冷めてもおいしい「つや姫」


10年もの歳月をかけて開発されたつや姫は、大きく白い粒が揃っていて、炊き上がりがつややかになるのが特徴。コシヒカリを超えたブランド米とも言われています。冷めても旨みがあるのでお弁当にも最適ですし、主張しすぎないお米の甘味を感じられるためどんな料理にも好相性です。


2.強い粘りとしっかりとした甘みがある「コシヒカリ」


ブランド米の中でもトップクラスの知名度を誇るコシヒカリは、他のお米では物足りなさを感じるほど強い粘りと米の甘味がしっかり感じられるのが特徴です。香りや炊き上がりの艶、旨みや粘りなどのバランスに優れているのも、コシヒカリの特徴と言えます。炊き上がりは柔らかめなので、水分量をしっかり守って炊きましょう。


3.強い粘りともちもち食感!希少価値が高い「夢ごこち」


究極のお米として知られる夢ごこちは、全国的にも生産量が少なく、希少価値が高いお米です。強い粘りともちもち食感がありながら、ふっくらとした柔らかい炊き上がりが特徴で、独特の甘味は一度食べたら他のお米は食べられなくなるほどの魅力を持っています。米農家の間では、コシヒカリを超えたブランド米とも言われる実力米です。


4.弾力・噛みごたえがある「ミルキークイーン」


コシヒカリの突然変異によって生まれたミルキークイーンは、アミロース濃度が低いので、普通のお米よりも弾力があるのが特徴です。一粒がしっかりしているので噛みごたえがあり、もち米に似たもちもちの食感を持っていることから、他のお米に混ぜて使われることも多い品種です。

 

おいしいご飯で食卓を豊かに!

 

おいしいお米の実力を引き出すには、炊飯器のスペックも重要です。

しかし、炊く前の準備が不足していたり、炊き上がった後のほぐしをおざなりにしたりすると、おいしいお米がもつ本来の旨みを引き出すことはできません。

おいしいお米で毎日の食事を豊かにするためにも、炊き方のコツをしっかりつかみ、お米の美味しさを味わいましょう!



こしひかり杭掛け天日乾燥で自然の恵みを吸収

投稿日:2020/10/16 18:00

今年は例年に比べ1週間遅れの10/3から稲刈り開始となりました。


まず最初に刈るのは、天日乾燥する特別栽培米こしひかり。バインダーで刈って紐で縛ったものを杭掛けしていきます。


まずは穂の部分を外側にして1週間天日乾燥、そのあと穂と茎の部分を入れ替えてもう1週間天日乾燥、合計2週間天日乾燥させます。天日乾燥している間もお米は茎の水分を吸収し登熟が続きます。


近年はコンバインや乾燥機のクオリティが高くなり天日乾燥と差がなくなりつつあるので、手間がかかる天日乾燥をする農家はだいぶ減りましたが、やはり自然の力はすごいもので天日乾燥したお米は粒が大きく美味しくなります。


天日乾燥は人手がたくさんかかるため蔵出し米.comでは数量限定で「特別栽培米こしひかり」のみ天日乾燥しております。



その他の品種に関してはこのようにコンバインで一気に刈り入れします。


コンバインは刈った後に籾の部分だけを取り込み、茎や葉の部分は細断してコンバイン後方から排出するのですが、稲が湿気っているとこの機能がうまくはたらかず、コンバインの故障の原因になり、お米の品質も悪くなってしまいます。


以前、テレビドラマ「下町ロケット」で、台風の中コンバインを自動運転してお米の収穫をするシーンがあったので、雨でも稲刈りできるイメージを持たれている方もいるかと思いますが、残念ながら雨の日は稲刈り作業はできないのです。


幸い今年は10/3から1週間晴天続きだったので順調に稲刈りが進みました。去年は台風19号の影響もあり10月末まで稲刈りをしていましたが、今年は10/20頃には終わりそうです。


最初の方に稲刈りした品種は今週より出荷も開始しました。

お米はこの時期が一番美味しいので是非美味しい新米をお楽しみください。


蔵出し米.com 販売スケジュール


・特別栽培米 雪若丸         10月12日 出荷開始

・有機JAS 夢ごこち          10月12日 出荷開始

・有機JAS ミルキークイーン  10月12日 出荷開始

・有機JAS つや姫            10月16日 出荷開始

・有機JAS こしひかり        10月16日 出荷開始

・特別栽培米 金のいぶき     10月20日 出荷開始予定

・特別栽培米 こしひかり(天日乾燥) 10月20日 出荷開始予定